2018年9月12日水曜日

いわゆる「ハゲタカ・ジャーナル」にご注意ください


                             2018年9月12日
各 位
                  医学メディアセンター長  西脇 祐司
                  習志野メディアセンター長 渋谷  寛

       いわゆる「ハゲタカ・ジャーナル」にご注意ください


 近年,オープンアクセスジャーナルの増加とともに,著者からAPC:Article 
Processing Chargeを搾取しようとする,いわゆる「ハゲタカ・ジャーナル」が
問題になっています。

  9月3日(月)付け毎日新聞朝刊に「粗悪学術誌 投稿5000本超」という記事が
掲載されました(毎日新聞のウェブサイトでは「粗悪学術誌 論文投稿,日本
5000本超 業績水増しか」)。
https://mainichi.jp/articles/20180903/k00/00m/040/110000c
 粗悪学術誌とは,「ハゲタカ・ジャーナル」のことです。この記事では,これ
らの雑誌を医学,化学,物理学,経済学など幅広い分野で320誌以上を発行して
いる出版社があり,その出版社の雑誌に2003~2018年5月までに掲載された約8万
4000本の論文を調べたところ,「日本と関係する論文は5076本で,うち筆頭著者
が大学・研究機関に所属する論文は3972本あった」ことを報じました。有名大学
からの投稿も多かったことから,「国際誌で成果を発表したという業績を積むた
め,意図的に使う研究者が存在すると考えざるを得ない。氷山の一角かもしれな
い」と指摘しています。
 「ハゲタカ・ジャーナル」は,論文の質が十分に保証されていない事が多く,
掲載されても学術的に妥当でないと疑われる怖れがあるといわれています。過去
には研究者に無断で過去の論文を掲載したり,無許可で研究者を編集委員に入れ
てしまう出版社もあったりしたことをNatureが紹介しています(*)。オープン・
アクセス誌の形態をとっていること,メールによる投稿の勧誘が多いこと,雑誌
名が歴史ある雑誌と似通っていることなどが特徴として挙げられます。
 このような雑誌で論文を公開しても,それが業績として評価されるか疑問です。
むしろ,業績に挙げた論文に「ハゲタカ・ジャーナル」があることで,キャリア
に傷がつく怖れもあります。
論文の投稿の際,くれぐれも「ハゲタカ・ジャーナル」にはご注意ください。

*Sanderson K. “Two new journals copy the old”
 Nature. 2010 Jan 14;463(7278):148
  https://www.nature.com/news/2010/100113/full/463148a.html

■メディアセンターでは,「ハゲタカ・ジャーナル」に関する情報をウェブサ
イトにて公開しております。どうぞ参考にしてください。
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/oa.php

■論文の投稿先を検討する際のお役立ちサイトとして,以下URLページが参考に
なります。
Think,Check,Submit  http://thinkchecksubmit.org/
簡易日本語版      http://thinkchecksubmit.org/translations/japanese/
 ・著者が自身の論文を雑誌に投稿する際のガイドラインを,Think,Check,
  Submitの3つのステップにまとめています。


                                  以上

2018年8月16日木曜日

【終了しました】MyLibraryのウインドウ運用方法の切り替えについて(8月17日)

MyLibraryの文献複写依頼や資料予約などを開く際、現在はポップアップ方式にて運用しておりますが、8月17日(金)に別ウインドウ方式へと切り替えを行います。
ポップアップ方式の場合、 一部のブラウザではポップアップをブロックする機能が設定されており画面が表示されない場合がありますが、別ウインドウ方式に切り替えることによってポップアップブロックの設定に関わらず画面が表示されるようになります。
(MyLibrary:貸出状況の確認や貸出期間の延長、資料予約や取り寄せ、文献取り寄せ等、メディアセンターが提供しているサービスをさらに便利にお使いいだけるポータルサイトです)


切り替え日:2018年8月17日(金)
※切り替えに伴うサービス停止はございません。


別ウインドウ方式へと切り替えが完了すると、MyLibraryの文献複写依頼や資料予約などを開くと、以下のようになります。

1.文献複写依頼や資料予約等サービスを選択します。



2.「別ウインドウで画面を開きます。よろしいですか?」と表示されるので「OK」をクリックします。














3.別ウインドウで表示されます。














注意事項:
  • ポップアップブロックの「ブロックレベル」を「高」にした場合、ポップアップブロックに掛かってしまう問題が報告されています。ポップアップブロックの「ブロックレベル」は「中」にしてください。
  • ポップアップ許可済のブラウザでも、中間窓は表示されます。
  • IE11では、ログインした状態で中間窓画面を表示し、「OK」、「キャンセル」のどちらも選ばないままEnterキーを押下すると画面描画が崩れます。(F5ボタンなど画面更新で回復します)

2018年8月13日月曜日

医学メディアセンター展示会ページを公開しました

医学メディアセンターで開催している展示会のページを公開しました。
現在は、医学メディアセンター本館および看護学部図書室の展示会情報を公開していますが、今後は各病院図書室の展示会情報も公開する予定です。
展示会共々どうぞよろしくお願いいたします。

医学メディアセンター展示会
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/exhibition.php

2018年7月24日火曜日

7月後半展示会のお知らせ【医学メディアセンター本館】

医学メディアセンター本館では,現在2つの展示会を開催しています。
ぜひご覧ください。

1. 100年を駆け抜けた医師 日野原重明展
 【好評開催中!】

 医学メディセンターでは,日野原重明先生の展示会を7月3日(火)から 開催しております。「100年を駆け抜けた医師,日野原重明展」と題し,105年に及ぶその生涯のうちから14の活動をハイライトし,関連資料とともに紹介しています。
日野原先生の一周忌となる7月18日(水)から,2点目の肉筆原稿 『生活習慣病とは』を展示しています。日野原先生は1970年代から「成人病」を「習慣病」と改称することを提唱していました。その後,1996年に当時の厚生省が「成人病」を 「生活習慣病」と改称しました。この原稿は,改称からほど近い1998年に学術雑誌の生活習慣病の特集に際して,日野原先生が書いた論文の肉筆原稿になります。

 開催期間:7月3日(火)~7月31日(火)

2. 写真展「人造風景」

 医学メディアセンタースタッフが撮影した写真を展示しています。
 風景とは,いつも自然が作るものとは限りません。
 今回のテーマは,人の造りし風景,「人造風景」です

 開催期間:7月23日(月)~8月10日(月)

 皆様のご来館をお待ちしております。

問い合わせ先
 医学メディアセンター本館:情報サービス部門 内線 2443
                medlib@mnc.toho-u.ac.jp

2018年7月5日木曜日

7月の展示会のお知らせ【医学メディアセンター本館】

医学メディアセンター本館では,7月3日より3つの展示会を開催しています。
ぜひご覧ください。


1. 100年を駆け抜けた医師 日野原重明展

 みなさまご存知の日野原重明先生は,患者図書室にも関心をお持ちだったことから,先生を慕う医学図書館員も多く,昨年7月に105歳で亡くなりになった際も,各地の医学図書館で先生を偲んだ展示会が開催されました。
 医学メディアセンター本館は改修工事中であったことから,当時は何もできませんでした。
 そこで,先生の一周忌に際し,展示会を企画しました。
 105年に及ぶその生涯のうちから14の活動をハイライトし,関連資料とともに紹介しております。また聖路加国際大学の協力を得て,肉筆原稿も展示しております。

 開催期間:7月3日(火)~7月31日(火)



2.明治・戊辰150年 幕末志士と医学展Ⅱ

 6月16日-30日に開催した展示会の第2弾です。
 幕末の志士が罹患した疾患や,幕末期の医療に関する資料を展示しています。前回の西郷隆盛らに加え,木戸孝允などを新たに加えました。

 開催期間:7月3日(火)~7月16日(月)



3. 写真展「Living with Nature」

 医学メディアセンタースタッフが撮影した写真を展示しています。
 今回のテーマは「Living with Nature」。人間の営みに寄り添う自然を切り取った12枚を展示しています。

 開催期間:7月3日(火)~7月16日(月)


 皆様のご来館をお待ちしております。

問い合わせ先
 医学メディアセンター本館:情報サービス部門 内線 2443
                medlib@mnc.toho-u.ac.jp

2018年6月20日水曜日

6月後半の展示会のお知らせ【医学メディアセンター本館】

6月18日(月)より,医学メディアセンター本館にて新しい展示を開始しました。
いずれも開催期間は6月18日(月)~6月30日(土)です。
展示している図書は基本的に貸出可能です(一部お貸しできないものもあります)。



1. 明治・戊辰150年 幕末志士と医学展
 場所:カウンター前
戊辰戦争が勃発し,明治時代が始まってから150年。
「西郷隆盛とフィラリア」等,幕末の志士が罹患した疾患や,幕末期の医療に関する資料を集めた特集展示です。


2. 東邦の研究者 萬年図譜の世界
 場所:ラウンジ
6月1日-6月15日に医学メディアセンターで開催の「科博特別展 人体- 神秘への挑戦関連展示」で好評だった,東邦大学元客員教授・萬年甫先生(1923-2011)著”A dendro-cyto-myeloarchitectonic atlas of the cat's brain(猫脳ゴルジ染色図譜)”の展示を延長しました。萬年先生の著作も展示中です。



3. 医学メディアセンター写真展 水のある風景
 場所:Research Square
医学メディアセンタースタッフが撮った「水のある風景」の写真を展示しています。




2018年6月1日金曜日

6月前半の展示会のお知らせ【医学メディアセンター本館】

6月1日(金)より,医学メディアセンター本館にて以下の3つの展示がスタートしました。
いずれも開催期間は6月1日(金)~6月15日(金)です。
展示している図書は基本的に貸出可能です(一部お貸しできないものもあります)。

1. 科博特別展 人体―神秘への挑戦 関連展示
 場所:カウンター前

 国立科学博物館の「人体展」で展示されていた資料「猫脳ゴルジ染色図譜」「ファブリカ」や,そこで紹介されていた研究者の伝記などを展示しています。

*「猫脳ゴルジ染色図譜(A dendro-cyto-myeloarchitectonic atlas of the cat's brain)」
 東邦大学の客員教授を務めていらっしゃった萬年甫先生(1923-2011)の著作。1988年刊行。





2. W杯開幕記念スポーツ図書展示
 場所:ラウンジ

 6月14日から開幕するサッカーFIFAワールドカップに合わせ、スポーツ医学の図書を,種目別に特集展示しています。





3. 医学メディアセンター 猫写真展
 場所:Research Square

 医学メディアセンタースタッフが撮った猫の写真を展示しています。
 猫の人気投票も開催中。お気に入りの写真の番号にシールを貼ってください!